生物記述問題の解法

投稿日:2019-04-11 更新日:

こんにちは。

candy
今回は、生物選択の受験生の皆さんに向けて、生物の記述解答を書く上でのポイントをお話しします

字数から逆算しよう

記述解答の多くは、「60字以内で説明しなさい」など、字数制限があると思います。

字数制限がなくても、解答欄の大きさや行数などである程度は書く量が分かる場合がほとんどです。

その場合、まず字数を20で割りましょう。

そして出て来た数(例えば、60字なら60÷20=3)だけ、説明するべきもののポイントを挙げましょう

あとは、それらをまとめて文章にするだけです

例を見てみましょう。

「あるものが生物であると言えるためには、どのようなことを確認すればよいか。60字以内で答えなさい。」

このような問題の場合、生物が成立する条件について3つのポイントを挙げます。

具体的には、

・恒常性を持つ
・内外の区別がある
・子孫を残す

です。これらのポイントをそれぞれ20字程度に引き延ばすと、

・体内の環境が外の環境に完全には依存しない
・膜で体の内外が区別されている
・生殖により子孫を残すことが出来る

これらをまとめたものが答えです。

解答

「膜で体の内外が区別されており、体内の環境が外の環境に完全には依存せず、さらに生殖により子孫を残すということ。」(53字)

結論と理由を分けよう

「・・・の答えは何か。また、そう答えた理由も述べよ」などといった問題の場合は、結論と理由を説明する必要があります。

そういった場合は、まず答えを書き、その後に説明を書きましょう

例えば、

「DNAのある遺伝子の中央付近のエキソン上のコドンAGAのうちのGについて、他の塩基に変異した場合と欠失した場合では、どちらがより生体に重大な影響を及ぼしうると考えられるか。また、そう考えた理由も述べよ。」

という問題なら、

解答

「欠失した場合の方が重大な影響を及ぼしうる。なぜなら、変異の場合は一アミノ酸が置換するだけであるが、欠失の場合は以降のトリプレットがずれるフレームシフトにより、以降のアミノ酸配列が変化してしまうから。」

という風に解答します。

「意義を述べよ」

意義を述べよと言われたら、ずばり長所を述べましょう

いきなり例ですが、

「小腸が絨毛構造を持つ意義を述べよ。」

であれば、

「表面積を大きくすることで吸収効率を高めるため。」

と答えて下さい。

最後に

生物の記述問題は取っ組みづらいように感じますが、答え方を身につければ確実な得点源になります。

candy
パターンを覚えて記述への苦手意識を失くしていきましょう

ブログランキングに参加しています にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へにほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ 

  • この記事を書いた人

candy

受験指導系のアルバイトをしている現役医学生。受験生の頃の経験や学習方法について気まぐれに更新しています。マイブームはカメラとお笑い

Copyright© candy,study,and... , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.